タグ:アクアグッズ ( 2 ) タグの人気記事

 

α55撮影会 アクア編の続き

小一時間で作った資料は上司のダメ出し0でそのまま明日の本番へ。
明日は業績発表会に罠があると思えて仕方ないharimaoh-unsolvedです(=A=;)
まあ幸い実績が出てるからいいんですけど(^^;)


ということで、アクア編の続きです。
もはや完全にデジイチビギナーの浮足立った自己満足ですな(笑)

45cm水槽 デジイチ斜め撮りVer.
b0202747_0345910.jpg
これだけ見たらスゴイ迫力あるレイアウトに見えますね。90cm水槽みたいです。

b0202747_0373521.jpg
でも正面からだとこんな感じ(^^;)
またレイアウトをスッキリ目に変更。いじるたびに流木が減る不思議。
奥のロタラグリーンとかが大分伸びてきました(^^)

何気に巷で見かけないハニードワーフグラミーの原種。
b0202747_0411098.jpg
An Aquarium.でお買い上げしたお気に入り。
ちなみにコレはオス・・・で 合ってますよね 志藤さん?

それでもやはりこの水槽の主役はコイツ!
b0202747_045094.jpg
アピストグラマ アガシジー ジャヌアリのブルータイプです。
我が家に来てから5カ月が過ぎ、だいぶ体色の青みが出てスラッと鮮やかになりました。
もっと色が上がるんかな?

ちなみにその奥さんは今こんなん。
b0202747_0492110.jpg
稚魚を全滅させちゃいまして体色がだいぶ戻ってます。
やはり産まれてすぐのデリケートな時に沖縄ゴルフが重なったのがマズかったですね。
家族に冷凍ブラインをあげてもらったりと対応はしたんですが、力及ばず(=A=;)


おまけで器具編なんてのも。

45cm水槽の照明。ネオビーム3連打!
b0202747_054670.jpg
75cm水槽をこれ3本で照らそうとした愚行の遺物(^^;;)
贅沢なリユースという事でひとつ!

75cm水槽のソーラーⅠ。
b0202747_0582672.jpg
やはりADA製品のデザインはかっこいいと改めて思う今日この頃。

ついでに品質保証ステッカー。
b0202747_11240.jpg
奥が75cm水槽買った時の5年保証。もう6年前。
手前が7月に買った60cm水槽の3年保証。
ここは5年保証で続けてほしかったぞ、ADA(=A=;;)

最後にトリミングツールとか。
b0202747_145195.jpg
必要最小限でいい。
・・・と思ってはいるんですが、欲しくなっちゃうんですよねー、ついつい (^^;)
今後もっと増えそうな予感が・・・w



ついでにポチッてみる?
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ
[PR]

  by harimaoh-unsolved | 2010-11-11 00:19 | 水草水槽

9/4-5 ① まずはアピストネタからどーぞ!

こんばんは、明日からの仕事が憂鬱なharimaoh-unsolvedです。

イベントてんこ盛りで忙しいながらの楽しく充実した土日を過ごせました。
とても一回の記事では載せられないし、小出しにしないとネタ切れになるんで、
数回に分けてお送りします(笑)

さてさて、先回の写真は案の定見にくかったようで、RENtzさんからコメントもらっちゃいました(^^;)
ふふふ、ご安心ください(←何がやねん)
今回は土曜の晩に1時間ほど粘ってパパラッチに成功!それがこちら。ウジャジャ!
b0202747_1265151.jpg

写真だと18匹。実際に目視で数えたら23匹いました。
浮上確認から3日経ちますが、まだ1匹も落ちていないはず。
このまま乗り切りたいものですね。

ついでにもう1枚。こちらは家族写真です(^^)
b0202747_1273249.jpg

ブレてるし稚魚があまり写ってませんが、お気に入りです。

残念ながら、この後あたりからカメラ(携帯)を向けすぎたせいで、
パパは逃げる、ママは威嚇する、稚魚は隠れると、見事なカメラ拒否症になっちゃいました。
あまりストレスを溜め込むと、親が子を食べたりするらしく、今後の撮影は自重です(--;)
一人で水槽覗き込んで楽しませてもらいますわ(笑)

5月からは成魚、稚魚問わず、ブラインシュリンプを毎日沸かしてエサにしています。
手間ではありますが、1日1回ですし慣れると10分かからないんでサボってません。
ブラインを用意するのにはこんな器具を使ってます。
b0202747_12852.jpg

右から紹介すると、
・エアレーションしてブラインを沸かすガラス瓶(梅酒用1リットル)
巻いてある布っきれは塩水の飛沫防止用です。
・次はブラインを漉す茶漉しと、受け容器。といってもペットボトルを切っただけ(笑)
この茶漉しは目がすごく細かいAn.aquariumのオススメ品。確かにこれ以上は無いですね。
受け容器は茶漉しを掛ける所だけ、グラつかないよう凹ませてあります。
・最後に水道水で塩抜きしたブラインを茶漉しごとカルキ抜きするための容器。
これもペットボトルを切っただけ。
あとは、スポイトでチュッチュするだけです。人工飼料と比較にならない食い付きと栄養価。
手間をかける価値は十分あります。

ちなみにこっちはガラス瓶から茶漉しにブラインを吸い出す自作ホース。
b0202747_1283939.jpg

図らずもAn.Aquariumの志藤さんと同じアイデアでして、それを知った時には
「オレスゲー」と一人ニヤニヤしてました(^^;)


話は飛んで今日のこと。
夕方An.Aquariumに寄って志藤さんに色々と稚魚育成の話を聞いたところ、
「繁殖の成功とは生存率95%以上である!」とのお言葉でした。
先生、アピストビギナーにはハードル高いっス!
つーか、カメラストレス与えまくっちゃったよ<(ToT)>
[PR]

  by harimaoh-unsolved | 2010-09-06 01:30 | アピストグラマ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE